関東のゴルフ場に行った際に、なぜかがんカテーテルの話題になりました。
ゴルフ場では、ニュースにはなっていませんが、
プレー中に心筋梗塞になる人は少なからずいるのです。
この心筋梗塞の治療法は、一昔前であれば、大きな心臓の手術でした。
この手術は体の負担がとても大きなものがありましたが、
最近はがんカテーテルの術式が進化したこともあり、患者の負担の激減しました。
医療の進歩は、これからも進化していくことが想定できますが、
がん治療法にも使えるなど、その用途は広がりをみせています。
もちろん、治療費や入院も劇的に減るなど、こうした背景もあり、話題になるのです。
特に、日本のがんカテーテル技術は進んでおり、海外からも治療に来る人がいます。